暖かくなっても体が柔らかくならない?

こんにちは。総務部の富田です。

 

これだけ暖かくなってくると、

「ちょっと体でも動かそうかな〜」なんて気にもなってきますね。

 

「体は動かしやすい気候になったけど、なかなか体は柔らかくならないのよね〜」

そんな声も聞いたりします。あなたはどうですか?

 

「体の柔らかくならない、柔軟性がアップしない」そんな人の原因は主に2つ。

1つはその箇所の筋肉を動かしていないから。単純にストレッチ不足というもの。

 

「いやいや、私、けっこう柔軟やってんだけど、、、」

そんな人の結構やりがちな行動があったりします。

 

それは、長年ズーッと同じフォームで柔軟を続けている。

さらには、同じフォームのままハードに柔軟していること。

 

柔軟運動をするようになると、私たちの筋肉。

「柔らかい箇所」と「硬い箇所」が出てくるようになります。

 

実はその「硬い箇所」は今までと同じフォームで柔軟を続けても、

残念ながらそれ以上やわらかくなることはありません。

 

なぜなら、今まで続けてきたそのストレッチのフォームは

あなたの「やわらかい箇所」を優先して伸ばすものだからです。

 

ですので「柔軟アップが頭打ち、、」という人は、ほんの少しフォーム変えること。

「フォームを変えて硬い箇所にヒットする柔軟をする!」これこそ柔軟性アップの近道です。



─【エアリアル・アート・ダンス・プロジェクト】総務部 富田

ポカポカ陽気でも重装備のワケ?

おはようございます。総務部の富田です。

 

今週、私は「ある勇気」を出して外出しています。

 

その勇気とは「けっこうな重装備で外出する」ことです。

 

昼間は汗ばむくらいのポカポカ陽気なのに厚手のジャンバーを着ているのは少し恥ずかしいからです。

 

それでも「重装備外出」するのは、この時期の寒暖差対策のためです。

 

私たちの体は、寒暖差7〜8℃を超えると体温調節のためのストレスがアップするといわれています。

 

ストレスがアップすると体の免疫力がダウンするため、体調不良になったり風邪を引いたりしやすくなります。

 

この時期は昼と夜とで10℃を超える日がざらにあります。この寒暖差はやばいヤツです。

 

ですので夜も外に出る機会のある私にはどうしても重装備が必要となるわけです。

 

春は「暖かいから薄着でも大丈夫」というイメージがありますが、

実はこの寒暖差を見過ごすと「常に疲れ気味の体調不良」となりがちです。

 

もしあなたが「この時期、ちょっと調子が良くない、、、」というのでしたら

私の「重装備チーム」に加入しませんか。スタジオでお声がけお待ちしています(笑)

 

 

─【エアリアル・アート・ダンス・プロジェクト】総務部 富田

【明日開催】空中エクササイズ・ワークショップのご案内

こんにちは。

総務部の富田です。

 

一昨日、雪が降ったかと思ったら、本日の東京は昼間は暑いくらいです。

そんな中、体調などくずしていませんか?

 

定期的に運動をしていると、こんな時期でも体調を崩さず

元気に過ごせている人が多いようです。

 

「確かに、運動が体にいいのはわかるけど

ウォーキングやランニングをやるにはこの時期は寒いし…」

 

「それに、どうせ運動するなら、

今までやったことないことにチャレンジしたいわ〜」

 

そんなあなたのための【3月限定ワークショップ】が

あした開催します!

 

------------------------------------------------------

【毎月第4土曜日・開催のワークショップ】

------------------------------------------------------

★ ささや〜空中エクササイズ・ワークショップ(ソフト編) ★

 

「マッサージも整体もいまいち効果が無くて…」

「この体の不調、何とかしたい!」

 

そんなお悩みをお持ちのあなた。

気持ちよく体を動かしながら体の不調を解消しませんか?

 

【参加対象の方】

空中エクササイズ未経験の方こそ大歓迎!

65歳の方まで参加OK!男性の方も参加OK!

 

「以前、体験したことあるけど、私にはハードだった…」

そんなあなたにもおすすめの、ソフトな内容のレッスンです。

 

【開催日時】

3月24日(土)

@ 8:30〜9:30(参加あと4名)

A 10:30〜11:30(参加枠あと2名)

 

【ワークショップ参加のみなさんに特典!】

参加された方にはワンドリンクの【特典付き】です。

コーヒー(ホットorアイス)または薬効茶のいずれかをお選びいただけます。

レッスン後は、スタジオ隣のカフェでくつろぎティータイムをお楽しみください。

 

------------------------------------------------------

 

体を動かすのに、

「今からでは遅すぎる」

なんてことはありません。

 

新しいことにチャレンジするのに

「今からでは遅すぎる」

ということもありません。

 

「やってみようか?」と思ったときが

最高のタイミングです。

 

「何か運動しなきゃだけど

何したらいいのかしら?」

 

なんてもし悩んでいるなら、思い切ってこの機会に

チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

 

「興味はあるのでワークショップ内容を詳しく知りたい!」

そんなあなたはこちらのページへどうぞ

→ http://www.aerial-artdance.com/article/15305796.html

 

「初めてだけど体験してみたい!」「体験したことあるけれど、スタジオ会員にはなっていない」

そんなあなたは、お申し込みはこちらから

→ http://www.aerial-artdance.com/article/15280111.html

 

すでにスタジオ会員のあなたは、お申し込みはこちらから

→ http://www.aerial-artdance.com/article/15280036.html

 

 

ー【エアリアル・アート・ダンス・プロジェクト】総務部 富田

お酒の席の次の日が憂うつなあなたへ

こんにちは。

総務部の富田です。

 

3月に入り、歓送迎会やお花見など

この時期はお酒の席が増えますよね。

 

そんなお酒の席の次の日。

「もう、頭ガンガン、、、朝からテンション下げ下げ、、、」

そんな残念な経験があなたもないですか?

 

「そんな二日酔いになりたくない!」あなたにおすすめの予防法。

それは何といっても「空きっ腹にお酒を飲まない」こと。

 

その理由は、空腹状態の胃腸は、一気に入ってきたお酒を

これまた一気に吸収してしまうから。

 

すると肝臓が分解できないほどの量のアルコールが

身体に吸収されてしまうことになります。

 

そうなれば次の日の朝。結果は明白。

「ひどい二日酔いの確定!」となるわけです。

 

では、飲酒の前の空きっ腹に先に摂っておくべきもの。

それは「水」がおすすめ。

 

水を飲むと、単純に利尿作用が増します。

簡単に言うと、おしっこにいきたくなります。

 

これが体内からアルコールを出すのに効率的でなおかつ効果的。

こうしてアルコールを体外に出せば出すほど二日酔いのリスクは小さくなります。

 

そして、水の摂取が大事な理由がもう1つあります。

それは、肝臓がアルコール分解をする際に水分をたくさん必要とするから。

 

ですので飲酒前だけでなく「飲酒中も」充分に水分をとるのがグッド。

さらには「就寝前にも」コップ1〜2杯のお水を飲めるとさらにベター。

これであなたの二日酔いになるリスクがかなり低くなります。

 

応援してます!

 

 

─【エアリアル・アート・ダンス・プロジェクト】総務部 富田

春になってもその肩こりは無くならない?

こんにちは。

総務部の富田です。

 

この2、3日、昼間の気温が一気に上がり暖かい日が続いています。

「いつも同じ格好だとちょっと暑いかも?」なんて方もいるかもですね。

 

「これから、だんだん暖かくなるから

もうすぐ、この肩こりからも解放されるわ〜」

 

なんて思っているあなた。実は、女性の4人に1人が

「春先の肩こりに悩んでいる」って知ってましたか?

 

その理由は、この時期特有の激しい気温差。

確かに昼は暖かいけど、夜はまだまだ冷え込みますよね。

 

つまり、この激しい寒暖差により

私たちの体は真冬以上に、寒さを敏感に感じてしまうのです。

 

結果、この春先なのに真冬以上に

肩こりの症状を感じやすくなるのです。

 

ではこの時期、具体的に何をこまめに

気をつけていくべきなのでしょうか?

 

肩こりとは実は、肩まわりだけでなく

「身体全体の血めぐりが悪くなっている」ために現れる症状です。

 

ですので、少しでも寒さを感じたら、

熱が逃げやすい首にストールを巻いたり、

すぐにカーディガンを一枚多く羽織ったりすること。

 

また、気温が暖かくなるにつれ、減っていく傾向のある

「入浴」を冬以上に活用していくこと。

 

そして「爪先立ちを繰り返す」こと。

これは「第二の心臓」と呼ばれるふくらはぎの筋肉を使うことで、

全身の血流が促進されます。

 

これは肩まわりだけでなく、体全体がスッキリするのでおすすめ。

 

もしあなたが春先の肩こりに悩まされているなら

こんな「冷え対策」をやってみてみてはいかがでしょうか。

 

応援してます!

 

 

─【エアリアル・アート・ダンス・プロジェクト】総務部 富田