エアリアルのためのバレエ

エアリアルのスキルでは、負けていないはず!

でも、あの人の方が私より良くみえるのはなぜ?

あなたは、そんな疑問をもったことはありませんか。
 


その疑問にお答えします


たとえ、あなたがどんなにすごいエアリアルの技をやれたとしても、そこに美しく見せれる表現力がなければ、見た人の記憶に残るパフォーマーになることは難しいでしょう。

記憶に残らないということは、再び舞台に出演するチャンスも逃すことになりかねません。それは非常に残念なことですよね。

でも逆に言えば、しっかりとした表現ができる身体の使い方を修得して、印象に残るパフォーマーになれれば、あなたの活躍できる場が広がることになります。

では、「しっかりとした表現ができる身体の使い方」は、どうすればできるようになるのでしょうか?


ここで多くの人が犯す間違いとは


ここで多くのエアリアルパフォーマーの犯す間違いがあります。それは、「さらに多くの時間をエアリアルの練習だけに費やしてしまう」ことです。

でも残念ですが、あなたがどれだけエアリアルにさらに多くの時間を費やしたとしても、「しっかりとした表現ができる身体の使い方」は決して手に入ることはありません。

なぜなら、「エアリアル技のスキル練習」と「しっかりとした表現ができる身体の使い方」の練習は全く異なるものだからです。


では、どうすればいい?


エアリアルは、楽曲の中でその演技をすることがほとんど当たり前です。「楽曲の中で演技をする」ということは、それは「音に合わせて踊る」つまり「ダンス的な表現」の要素が入ってくるということです。

つまり、楽曲の中でエアリアルをするということは、エアリアルのスキルとは別に「ダンス的な表現ができるスキル」が必要ということになるわけです。

では、「ダンス的な表現ができるスキル」を手に入れるには、どうすればよいのでしょうか?そこでおすすめなのがこれからご紹介するバレエクラスです。

エアリアルをもっと美しく見せたい!
そんなあなたのための
バレエクラスがここにあります

 

バレエは外見だけできていればいい?
実はそうではありません!


当スタジオのバレエクラスは 「バレエ風味の動きが外見だけでもできるように、ただやみくもにとにかく反復練習させる、、、」そんなレッスンではありません。ただやみくもに動きをとにかく反復させて、外見だけバレエの基本動作ができたところで、それには全く意味はないからです。

むしろ、
人間の骨格・筋肉のつき方を無視してやみくもに練習しても、いたずらに筋肉に慢性的な疲労をためてしまい、それが大きな怪我につながる可能性の方が高くなります。これでは本末転倒ですよね。

ですので、このバレエクラスでは、参加者ひとりひとりの骨格に合った、そして理にかなった効率の良い体の使い方を、運動力学の見地から徹底して指導していきます。

ここで教わる体の使い方の先ず1つ目は「ストレッチ」です。これを「ひとり、ひとり」にまるであたかも個人レッスンのようにチェックしていきます。

私たちの骨格や筋肉のつき方は十人いたら十通り、百人いたら百通りです。全く同じ人など存在しません。つまり、各人が1つの同じ「ストレッチ」をしたとしても、「各々の筋肉に合った、効率の良いストレッチ」は、人それぞれ微妙な違いがあるということです。

ぜひ、あなたの骨格や筋肉に合った「あなただけのストレッチ」を教わり、ぜひそれを実行してください。そうすればあなたの柔軟性や筋肉の動作反応が以前より飛躍的にアップするのを感じることでしょう。


あなたの身体を最大限に生かした
あなただけの美しい立ちポジションが
無理なく手に入ります


バレエには「基本の5つの立ちポジション(以下5ポジション)」というものがあります。5ポジションは「このように立つと綺麗に見える」「次の動作にスムースに入れる」「頭から足底まで力が入りやすくなる」等の理由からバレエ動作には欠かせない立ち方であり、どこのバレエスタジオもこの「5ポジション」を「基本中の基本」としてレッスンを進めていきます。

それくらいバレエでは重要な基礎とされる「5ポジション」ですが、これまた、ただやみくもにその立ち方をとにかく反復させて、外見だけは立てるようになっても、先程の「ストレッチ」と同様に全く意味はありません。

人間の骨格・筋肉のつき方を無視してやみくもに「5ポジション」を練習したところで、これまた筋肉の特定箇所に過度な負担をかけることになり、やはり大きな怪我につながる可能性の方が高くなります。

「でも美しさを追求するということは、体を酷使するということだから、ある程度の怪我は仕方ないのでは、、、」そんな意見もあるかもしれません。

ただ言えることは「体を酷使するかもしれないのなら、なおさら、何となく外見だけできている風で良い、という体の使い方はおすすめできない!」ということです。それはバレエだけではなくエアリアルにも言えますし、他のスポーツでも言えることではないでしょうか。


でも、あなたにとって「理にかなった効率の良い体の使い方を教えて5ポジションを指導する」クラスなら、あなたの体に無理をかけることなく「5ポジション」を会得させることができるのです。その結果、あなたのエアリアルパフォーマンスも格段に美しく見せることも可能となるのです。


このクラスであなたの手に入るもの


結論として、このバレエクラスは「ストレッチ」と「5ポジション」を徹底的に叩き込むシンプルなものですが「これができなければ、ここから先は進んでも意味はない」「逆に言えば、これさえできるようになれば今後のあなたの演技の可能性は無限に広がる」そんなメリットがあるレッスンです。

もし「何となく綺麗にエアリアルができるようになったらいいな、、」という考えでしたら、これはかなり厳しいレッスンに感じるはずです。その代わり、あなたが本気で「エアリアルをもっと美しく見せれるようになりたい!」と思っているなら、きっとお役に立てることでしょう。

エアリアルのためのバレエ
タイムテーブル・クラス料金は ⇒こちら


▲ページTOP