この時期「体のダルオモ」に悩んでいませんか?

こんにちは。総務部の富田です。

 

「梅雨も明けたしギラギラの夏がやって来る!」

なんて気合いれていたら、台風の影響からか今日の東京。

かなり肌寒いです、、、

 

こんなアップダウンの激しい時期。

「体がだるい、、、体が重い、、、」

なんて感じることはないですか?

 

それは「気象病」とよばれるものだったりします。

 

「日々の寒暖の差がはげしい」

「雨の日が続き気圧の低い日が多い」

 

このような時期は、体の機能を調節する

自律神経が乱れる原因となります。

 

自律神経が乱れると体にはストレスが生じますので、

体調不良につながります。

 

では、この気象病を予防して軽減させる。

そのためにはどうすればいいのでしょうか?

 

それは、あなたの天候や気候への

「適応力」をアップさせることです。

 

適応力をアップさせる方法として、

シンプルで効果があるのが「日頃から運動をする」です。

 

「体を普段から動かしておく」ことで、

筋肉や血管、そして神経などを鍛えられます。

 

鍛えられた筋肉や血管、神経は、

急激な気候の変化にも順応しやすくなります。

 

つまり、少々の天候の変化にも体調が左右されなくなるので、

あなたは年中元気でいられるというわけです。

 

運動とは、アスリートだけのものではありません。

 

「1年中、元気で仕事をしていくため」

「1年中、元気で充実した時間をすごすため」

誰にでも必要なものなのです。もちろん、あなたにもです。

 

もしあなたが季節の変わり目に体調不良になりがちでしたら、

「季節の変わり目に適応できる体になる」を意識してみてはいかがでしょうか。

 

 

─【エアリアル・アート・ダンス・プロジェクト】総務部 富田

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15973136
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)