エアリアル・アート・ダンス・プロジェクト(AADP)

現在通っているスタジオにある程度満足している。
けど何かが足りないと思っているあなたへ。

 

さっそくですが、あなたは「エアリアル」という言葉を知っていますか?

エアリアルとは、空中パフォーマンスをさす言葉です。

空中パフォーマンス。それは、天井からつるした「特殊な布(ティシュー)」や「専用の器具(リング)」を使い、10メートル以上もの高さのある空間でおこなうパフォーマンスのことです。

かつて、空中パフォーマンスといえば、世界的に有名なサーカス集団シルク・ドゥ・ソレイユの常設ステージがあるラスベガスなどでしか見ることができませんでした。

しかし最近では、日本にもシルク・ドゥ・ソレイユが来日するようになり、私たちはわざわざ海外に行かなくとも日本で空中パフォーマンスを見れる機会が増えてきました。

そして今では、日本でも空中パフォーマンスを見るだけでなく、体験できるスタジオも出てきました。

ここで、あなたに質問があります。

あなたは今まで行ったスタジオで、空中パフォーマンスについて、納得のいく説明を受けてきましたか?

あなたはそのクラスの内容や質、その結果に十分満足していますか?

あなたはこれからも、空中パフォーマンスのスキルアップはそこに任せれば大丈夫という安心感はありますか?

   あなたの答えがすべて「YES」なら、これからもそこに通われるといいでしょう。

   でも、もしひとつでも引っかかるようなら、その問題を解決する方法があります。


餅は、餅屋。
その問題を解決するのは、やはり専門家です


はじめまして。
エアリアル・アート・ダンス・プロジェクトです。

私たちエアリアル・アート・ダンス・プロジェクト(以下AADP)は、2005年、天井高約10メートルを誇る日本初の空中パフォーマンス専門スタジオを設立しました。

そして、同年、空中パフォーマーの育成を目的とした日本で最初の空中パフォーマー養成所(エアリアル・アート・ダンス・アカデミー)を開校しました。

スタジオを設立した2005年。その頃の日本には、人前で高い評価をもらえるような日本人の空中パフォーマーは、ほとんど存在していませんでした。

それが、この10年の間にAADPの養成所から、日本中の空中パフォーマンスのシーンに数多くのパフォーマーを輩出させていただけるようになりました。

さらには、ラスベガスのシルク・ドゥ・ソレイユのショーをはじめとした名立たる世界中のエアリアルシーンにも、AADP出身の空中パフォーマーが出演するようになりました。

そして、今現在も、AADPの養成所を卒業した空中パフォーマーの活躍はとどまるところを知りません。活動実績をご覧いただくと、その一端がおわかりいただけるかと思います。

今後も、彼らは日本の空中パフォーマンスのステージを引っぱっていくことでしょう。

その一方で、私たちが今まで指導してきたパフォーマーの中には、過去に何年も他のスタジオに通っていたのに、なかなか空中パフォーマンスが上達しなくて悩んでいた人たちも多くいました。

なぜ、彼らは上達しなかったのか?

答えは簡単です。

空中パフォーマンスに本当に必要な、訓練ができていなかったからです。


長年クラスを受け続けてもいっこうに上達しないのは
けっしてあなたのせいではありません


AADPでは、100名以上もの卒業生を輩出したこの空中パフォーマー養成のノウハウを生かし、一般の方にも、安全かつ確かなスキルに基づいた空中パフォーマンスのオープンクラスを提供しています。

もちろんオープンクラスも、実際の空中パフォーマンスと同じ高さの約10メートルの空間のスタジオでおこないます。ですので、あなたは思う存分、本物の高さと空間での空中パフォーマンスを体感することができます。


「いつか、人前で空中パフォーンスをしてみたい!」
「そして、空中パフォーマンスを自分のキャリアにしたい!」


そんなあなたは、ぜひ一度、空中パフォーマンス専門スタジオのクラスを体験してみてください。あなたのパフォーマーとしての可能性は、さらに広がっていくことでしょう。

  

卒業公演「Breath」

 

卒業公演「Breath」

 


▲TOP