エアリアル集中スクール・セミナー&説明会を開催しました

エアリアル集中スクールの参加を検討しているあなた。迷っているあなた。

ぜひ、こちらの映像をご覧ください。 →セミナー&説明会を開催しました

エアリアル・アート・ダンス・プロジェクト(AADP)

夢を与える空中パフォーマーになりたい!

そんなあなたに必要なものが、
そろっている専門スタジオです

 

エアリアル・アート・ダンス・プロジェクト(AADP)はエアリアルティシュー、日本初、そして日本で唯一の、空中パフォーマンス専門スタジオを設立しました。

欧米では、この空中パフォーマンスのことを総称してエアリアル(Aerial)とよんでいます。

エアリアルとは、天井からつるした特殊な装置や道具を使い、人並みはずれた身体能力をもつパフォーマーがその能力を最大限に生かしておこなう空中パフォーマンスのことです。

エアリアルは、元々、ヨーロッパのサーカスから発祥したといわれており、最近では日本でも、世界的に有名なサーカス集団シルク・ドゥ・ソレイユの舞台にてみることができるようになりました。

日本でもようやく鑑賞することができるようになったエアリアルではありますが、このエアリアルを専門に教えているスタジオ、そして、エアリアルが練習できる専用のスタジオは日本にはまだまだ、ほとんど存在しません。

AADPは、2005年に、天井高約10メートルをほこるエアリアル専用スタジオと、日本最初のエアリアル・パフォーマーの育成を目的とした養成所を開校しました。この養成所からは、この10年で、シルク・ドゥ・ソレイユのショーをはじめ世界中のエアリアルシーンにて活躍しているパフォーマーを数多く輩出しています。

また、約100名もの卒業生を輩出したこのエアリアル・パフォーマー養成のノウハウを生かし、一般の方にも、安全かつ確かなスキルに基づいたエアリアルのオープンクラスを提供しています。

もちろんオープンクラスも、実際の空中パフォーマンスと同じ高さの約10メートルの空間のスタジオでおこないます。ですので、あなたは思う存分、本物の高さと空間でのエアリアルクラスを受講してください。

そして、当スタジオのエアリアルクラスでは担当講師の他に、長年の指導キャリアをもつ空中のスペシャリストがアシスタントとしてあなたのクラス受講を完全サポートします。この強力なアシスタント体制が、あなたのパフォーマンスレベルを短期間で効率よく飛躍的にアップさせることでしょう。


「本物の空中パフォーマンスを体験したい!」
「いつか人前で空中パフォーンスをしてみたい!」

そんなあなたは、ぜひ一度、クラスを体験してみてください。 

 

「空中パフォーマンスを体験したい!」 そんなあなたは、、、

エアリアルティシュー・はじめの一歩から! →くわしくはこちら

 

「いつか人前で空中パフォーマンスをしたい!」 そんなあなたは、、、

第11期エアリアル集中スクールがこの秋、開校! →くわしくはこちら



あなたは、長い間ずっと
肩こり・腰痛に悩まされていませんか?

 

「あらゆる治療やマッサージも試しても、すぐ元通り、、、」空中エクササイズ〜ライレア
そんなあなたこそおすすめしたいのが、この「空中エクササイズ」。

空中エクササイズは、2008年から開講している当スタジオのオリジナルクラス。もともと、ひどい腰痛持ちだった当スタジオ代表が、エアリアルをやると腰痛が軽くなることに気づき、この空中エクササイズが誕生しました。

空中でおこなうこのクラスは、あなたの筋肉を緊張から解放してくれます。そればかりか、その空中でおこなうエクササイズは、陸上でおこなうそれよりも無理のない効率の良いものとなります。

このエクササイズを継続していきますと、自然とあなたの身体のバランスが整っていき、その結果、治療やマッサージだけでは効果がなかった、あなたの肩こり・腰痛の解消が期待できるというわけです。

がんこな「肩こり」「腰痛」にお悩みのあなた。空中パフォーマンス専門スタジオで生まれた、そして、空中を知りつくしたプロフェッショナルが指導するこのエクササイズを、ぜひ一度、体験してください。

そして、あなたの身体のビフォー&アフターをくらべてみてください。
きっと、その違いに気づくことでしょう。

 

空中エクササイズをくわしく知りたい!あなたは、、、

空中エクササイズ〜ライレア のページは →こちら


「空中エクササイズ〜ライレア(LAIREA)」は、
エアリアル・アート・ダンス・プロジェクトの登録商標です。(登録第5432995号)

 


 

卒業公演「Breath」

 

卒業公演「Breath」

 


▲TOP

祝!10周年!

エアリアル・アート・ダンス・プロジェクトは
今年2014年に、創立10周年をむかえます。

祝10周年

これもひとえに、皆様方のご支援の賜物と深く感謝申し上げます。
今後も更なるご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。