エアリアル・アート・ダンス・プロジェクト(AADP)

ワンクリックでは、けっして得ることはできない
達成感と自信があなたのものに。

 

いきなりですが、あなたは「エアリアル」という言葉を知っていますか?
エアリアルとは、空中パフォーマンスをさす言葉です。

空中パフォーマンスとは、天井からつるした「特殊な布(ティシュー)」や「専用の器具(リング)」を使い、10メートル以上もの高さのある空間でおこなうパフォーマンスのことです。

言葉で説明しても分かりづらいと思うので、まずはコチラをご覧ください。


ショー動画



かつて、空中パフォーマンスといえば、ラスベガスやヨーロッパなど外国の限られた場所でしか見ることができませんでした。

しかし最近では、日本にも世界的に有名なサーカス集団「シルク・ドゥ・ソレイユ」が来日するようになり、私たちはわざわざ海外に行かずとも日本で空中パフォーマンスを見れるようになってきました。

そして今では、日本でも空中パフォーマンスを見るだけでなく、体験できるスタジオも出てきました。ここで、あなたに質問があります。

 

あなたはそのスタジオの空中パフォーマンスの内容や質、その結果に十分満足していますか?

なたは今まで行ったスタジオで、空中パフォーマンスについて、納得のいく説明を受けてきましたか?

あなたはこれからも、空中パフォーマンスに関してはそこに任せれば大丈夫、という安心感はありますか?

 

あなたの答えがすべて「YES」なら、これからもそこに通われるといいでしょう。でも、もしひとつでも引っかかるようなら、その問題を解決する方法がここにあります。


こんにちは。エアリアル・アート・ダンス・プロジェクトです。


私たちエアリアル・アート・ダンス・プロジェクト(以下AADP)は、2005年、日本で最初の空中パフォーマンス専門スタジオを設立し、空中パフォーマー育成のための養成所を開校しました。

そしてこの養成所卒業生・練習生の3名が「シルク・ドゥ・ソレイユ」のラスベガスショーに出演できるようになりました。また「シルク・ドゥ・ソレイユ」の空中パフォーマー・データバンクにも11名が登録されるまでになりました。

今現在も、そんな彼らの背中を追いかけて、さらに高いレベルの次世代パフォーマーも育ってきています。今後も、当養成所の卒業生は日本の空中パフォーマンスの未来を引っぱっていくことでしょう。

その一方で、他のスタジオに何年も通っていたのに、なかなか空中パフォーマンスが上達しなくて悩んでいる人たちも多くいます。

なぜ、彼らは上達しなかったのでしょうか?

答えは簡単です。空中パフォーマンスに本当に必要な、訓練ができていなかったからです。


空中パフォーマンスがいっこうに上達しないのは
けっしてあなたのせいではありません。


AADPでは、「シルク・ドゥ・ソレイユ」も認める確かなスキルに基づいた空中パフォーマー育成プログラムによるレッスンを提供しています。しかもそのレッスンは、実際の空中パフォーマンスと同じ高さの約9メートルの空間のスタジオにて実施します。

つまり、あなたは「世界基準の本物の空中パフォーマンス」を「思うぞんぶん」指導してもらえるというわけです。

もちろん、そのレッスンで提供される空中パフォーマンスのスキルは、ワンクリックで身につくようなものではありません。人によっては何年もかかることもあるでしょう。もしあなたが「より良くなりたい」と願っているなら、それには継続的な努力が必要であり、その結果を出すにも時間がかかることを理解してもらえればと思います。

しかし残念なことに多くの人はそれに耐えられないので、すぐ安易に手に入るものに流れがちです。ただ、安易に得ることができるものは、結局誰にでも手に入れることができます。誰でも苦労せずにすぐ手に入るものでは、あなたの心は決して充たされません。ましてや達成感を得ることもありません。

一方、継続的な努力でしか得ることができないものは、すぐに手に入らないものだからこそ、それを得た時にはあなたの心は達成感で充たされ、それをやり遂げた自分に自信がつきます。そして、さらなる達成感を求め、次のステージへ挑戦するモチベーションが出てくるのです。

もしあなたが望むものが、「ワンクリックで得られるものではなく、時間をかけて積み重ねることで得ることができるもの」でしたら、ぜひ一度、私たちのスタジオにお越しください。

あなたの大切な時間を達成感と自信で充実させる。そのお手伝いができることが、私たちにとって最大の喜びです。

当スタジオが初めてのあなたは ⇒こちらから

 

卒業公演「Breath」

 

卒業公演「Breath」

 


▲TOP