運動前は、いつ何食べればいい?

こんにちは。

総務部の富田です。

 

 

朝ストレッチですが、

現在も何とか続いております。

 

 

「頑張らないとできない!」

 

 

そんなレベルではないというのが

続いている一番の理由だと思います。

 

 

とは言え、起きぬけのストレッチですので

強度には気をつけて、

これからも慎重にやっていきます。

 

 

さて、先日。

 

 

メールの中で

「運動前に食事をとるタイミング」

のお話をしたところ、

 

「いつ何を食べたらいいか、もっと具体的に知りたい!」

 

そんな方が何人かいらしたので、

そのお話をしたいと思います。

 

 

食べ物の消化吸収の時間は、一般的に

「最低3時間」といわれたりしています。

 

 

とは言っても、運動の3時間前に

必ずしもちゃんとした、

食事がとれるとは限りません。

 

 

確かに、そのまま栄養補給をしないで

空腹のまま運動すれば

運動の最中にガス欠になります。

 

 

でも逆に満腹で運動をしてしまうと、

胃に負担がかかり

嘔吐や腹痛の原因になります。

 

 

そこで、これから

運動前の時間別に適した食事メニューを

以下にご紹介したいと思います。

 

 

<運動前10分以内>

 

運動の直前は、最も消化・吸収性の高い

「液体系食品」を選びましょう。

 

「スポーツドリンク」

「果汁100%ジュース」

「野菜ジュース」

がおすすめです。

 

 

<運動前10分〜30分>

 

ついしっかり食べたくなる時間帯ですが、

消化が間に合わないので、それは避けましょう。

 

メニュー例としては、

「バナナ、りんご、柑橘類などの果物」

「エネルギーゼリー」

がおすすめです。

 

 

<運動前30分〜1時間>

 

油分の無い糖質(炭水化物)を主体に、

 腹3〜4分目を目安に食べましょう。

 

メニュー例としては、

「具なしおにぎり、赤飯おにぎり1個程度」

「油分を使用していないお菓子」

がおすすめです。

 

 

<運動前1時間〜2時間>

 

吸収の早い糖質(炭水化物)主体の軽食にします。

満腹は厳禁。腹5〜8分目を目安に食べましょう。

 

メニュー例としては、

「具入りおにぎり」

「小盛のうどんorそば」

「油分少な目のサンドウィッチ」

「量控えめのクリーム系でないパスタ」

など。

 

 

上であげたメニューは、あくまでも例ですので

成分さえかけ離れていなければ、

自分なりにアレンジしてもよいと思います。

 

 

上手に栄養を補給することで、

運動やスポーツに集中できるようになりますし

その結果、上達に一役買うことになります。

 

 

応援してます!

 

 

 

ー【エアリアル・アート・ダンス・プロジェクト】総務部 富田

 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15656056
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)