春になってもその肩こりは無くならない?

こんにちは。

総務部の富田です。

 

この2、3日、昼間の気温が一気に上がり暖かい日が続いています。

「いつも同じ格好だとちょっと暑いかも?」なんて方もいるかもですね。

 

「これから、だんだん暖かくなるから

もうすぐ、この肩こりからも解放されるわ〜」

 

なんて思っているあなた。実は、女性の4人に1人が

「春先の肩こりに悩んでいる」って知ってましたか?

 

その理由は、この時期特有の激しい気温差。

確かに昼は暖かいけど、夜はまだまだ冷え込みますよね。

 

つまり、この激しい寒暖差により

私たちの体は真冬以上に、寒さを敏感に感じてしまうのです。

 

結果、この春先なのに真冬以上に

肩こりの症状を感じやすくなるのです。

 

ではこの時期、具体的に何をこまめに

気をつけていくべきなのでしょうか?

 

肩こりとは実は、肩まわりだけでなく

「身体全体の血めぐりが悪くなっている」ために現れる症状です。

 

ですので、少しでも寒さを感じたら、

熱が逃げやすい首にストールを巻いたり、

すぐにカーディガンを一枚多く羽織ったりすること。

 

また、気温が暖かくなるにつれ、減っていく傾向のある

「入浴」を冬以上に活用していくこと。

 

そして「爪先立ちを繰り返す」こと。

これは「第二の心臓」と呼ばれるふくらはぎの筋肉を使うことで、

全身の血流が促進されます。

 

これは肩まわりだけでなく、体全体がスッキリするのでおすすめ。

 

もしあなたが春先の肩こりに悩まされているなら

こんな「冷え対策」をやってみてみてはいかがでしょうか。

 

応援してます!

 

 

─【エアリアル・アート・ダンス・プロジェクト】総務部 富田

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15899451
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)