この時期の体調不良を防ぐには?

こんにちは。総務部の富田です。

 

「前日の日中は暑かったのに、

今日は昼間もけっこう涼しい、、いや寒いかも?」

 

こんな風に日々の寒暖差を感じませんか?

実は、先週から比べて「約10℃」も気温が低くなっているんです。

 

そして、ご存知でしたか?

私たちの体がストレス無く対応できる気温差は、

「約7℃まで」と言われています。

 

この気温差を超えてしまうと、

・鼻水やくしゃみ

・頭痛や食欲不振

・だるさや倦怠感

などの体調不良の症状が現れる場合もあります。

 

ですので、まだまだ残暑!のつもりで薄着・半袖で行動していると

「あれ?何か体の調子良くないぞ?もしかして風邪??」

なんてことに。

 

といっても、気温をコントロールすることは不可能。

 

というわけで気温差の大きいこの時期は「重ね着をしたり」

「こまめに服を脱ぎ着する」ことで上手に温度差に対応しましょう。

 

例えば、マフラーやタイツ、ストールなどを活用して、

外気に触れる部分を少なくすることがおすすめです。

特に首回りを防寒するのが効果的です。

 

また、マスクを着用して

冷たい外気を吸い込まないようにすると、

体内の寒暖差が起こりにくくなります。

 

気温差の大きいときは、風邪を引いていなくても

マスクを着用すると良いでしょう。

 

 

 

─【エアリアル・アート・ダンス・プロジェクト】総務部 富田

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/16012351
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)