20時間←今年のあなたのキーワード?

こんにちは。

総務部の富田です。

 

 

本日は、平成最後の

成人の日。

 

 

「125万人が

大人の仲間入りをしました」

 

 

そんな報道を聞き

 

 

「バンダナおじさんが

大人の仲間入りをしたのは

いつのことだったろう、、

(遠い目)」

 

 

なんて、思いをはせながら

本日もタイピング練習

していました。

 

 

その練習の効果は?

といいますと、、

先日のメルマガで

「こんにちは」を

「こんちには」と

打っていたのは

ここだけのお話です。

 

 

ま、まだまだ

こんなもんです笑

┐(´-`)┌

 

 

 

「もう!

いつになったら

タッタカ、タッタカ

タイピングできるように

なるのかしらん、、」

 

 

なんて、

ちょっと飽きが入ってきた

私の前に

1つの興味深い記事が。

 

 

「楽しむレベルに

スキルが達するには

20時間は必要」

 

 

実は、これ。

 

 

アメリカ人の作家である

ジョシュ・カウフマン氏が

提唱している理論です。

 

 

ビジネスコーチでも

ある彼。

 

 

彼は、その仕事柄もあり

あらゆる研究と調査をして

この理論を導きました。

 

 

 

何か新しいことを

習得する際に

 

私たちが

一番ストレスが

溜まる時。

 

 

それは、

 

 

「自分があまりにも

習得できない、

成長しない、

と思っている時」

 

 

です。

 

 

でも、

少しずつできるように

なってくると、

 

達成感や喜びを感じることが

できるようになり、

ストレスが

減っていきます。

 

 

そんな、

 

 

スタート時に比べて

一定の成果が出てくる。

 

自分でもその上達が

感じられるようになる。

 

 

それに必要な時間が

「20時間」

というわけです。

 

 

この理論を知った

あなたは、今後

 

 

「今回2時間のレッスン大変だった、、」

 

「でも、あと18時間だけ続けてみるか〜」

 

 

とか

 

 

「私はもうちょっと早く上達したい、、」

 

「だから早く20時間に到達するように

もう少しレッスン時間を増やすか〜」

 

 

なんて

続けるべき時間の目安が

具体的に

見えてきます。

 

 

続けるべき時間の

目安がわかれば

 

「せめて、そこまでは頑張ろう!」

 

ってやる気も

続きますよね。

 

 

ですので、今

 

「新しい目標にチャレンジ!」

「新しいスキル習得にトライ!」

 

なんて頑張っている

あなたは

 

「先ずは20時間やってみる!」

 

これを意識してみては

いかがでしょうか。

 

 

応援しています!

 

 

------------------------------------------------------

↓↓今年は新しいことにチャレンジしたいあなた↓↓

------------------------------------------------------

 

当スタジオのクラス紹介のページです。

 

→ http://www.aerial-artdance.com/article/14719898.html

 

あなたのお役に立てるクラスをご用意してお待ちしています。

 

 

 

─【エアリアル・アート・ダンス・プロジェクト】総務部 富田

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/16065501
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)